トップページ > 公益財団法人 宮ヶ瀬ダム周辺振興財団 > 業務・財務等に関する資料

業務・財務等に関する資料

 
  事業計画書 収支予算書 事業報告書 決算報告書
平成21年度
平成22年度
平成23年度 ○ ※1 ○ ※1

※1 平成23年4月1日から平成23年度10月2日までの実績報告


公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団として平成23年10月3日登記

  事業計画書 収支予算書 事業報告書 決算報告書
平成23年度 ○ ※2 ○ ※2 ○ ※3 ○ ※3
平成24年度
平成25年度
平成26年度
平成27年度
平成28年度
平成29年度    

※2 平成23年10月3日から平成24年3月31日までの事業計画・予算

※3 平成23年10月3日から平成24年3月31日までの事業報告・決算

 

公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団 経営戦略

 

日本版DMO候補法人登録について

 1 概要
 当財団は、平成4年10月に発足以来、宮ヶ瀬湖周辺地域の活性化及び水源環境理解促進に向け、多様な関係者と連携・協力しながら、地域の振興と発展を図ってきた日本版DMOの先駆とも言える法人です。
 宮ヶ瀬湖周辺地域では、圏央道相模原インターチェンジ開通に伴う広域圏からの来訪者動向、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けたスポーツ熱の高まり、リニア中央新幹線関東車両基地の整備計画などの新たな環境の変化への対応が求められています。
 そこで、宮ヶ瀬湖を全国的にPRする絶好の機会として、また、多様な関係者と将来コンセプトの共有化を図りつつ、各市町村の行政境にまたがる宮ヶ瀬湖周辺地域をひとつのマネージメントエリアとして観光地域づくりを推進するため、平成29年3月28日付けで観光庁長官に日本版DMO候補法人登録申請を行っておりました。
 このたび、平成29年5月12日に、観光庁から日本版DMO候補法人として認められ、登録がされました。
 財団では、今後、2020年には正式登録を目指してまいります。
参考:日本版DMOとは(観光庁ホームページ抜粋: DMO(Destination Management Organization))
 地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人
 
2 観光庁ホームページ
(1)お知らせ
DMO候補法人の登録について
~〈第9弾〉観光地域づくりの舵取り役として期待される11法人を登録しました~
観光庁ホームページ http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics04_000087.html
・H29.5.12日本版DMO候補法人の登録について~〈第9弾〉【pdfファイル 148kb】
・DMO候補法人登録一覧【pdfファイル 42kb】 
(2)登録された日本版DMO候補法人の形成・確立計画
観光庁ホームページ http://www.mlit.go.jp/kankocho/page04_000055.html
申請書 様式1 【pdfファイル 2,209kb】【平成29年3月当初申請】
申請書 様式2 【pdfファイル 216kb】   【平成29年3月当初申請】
申請書 様式1     【pdfファイル 2,316kb】【平成29年9月変更申請】※最新
申請書 様式2     【pdfファイル 342kb】   【平成29年9月当初申請】※最新
 
3 日本版DMO候補法人登録に向けた申請概要
「都心から一番近いオアシス 水源地宮ヶ瀬」【pdfファイル 1,821kb】


get adobe readerPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
ページのトップへ
copyright@公益財団法人 宮ヶ瀬ダム周辺振興財団